商品案内

PRODUCTS
木戸泉と言ったら『afs』(アフス)でしょ!

純米生アフス 500ml

◉木戸泉の看板商品

アフスという変わった商品名。これはこのお酒の開発に携わった3名の頭文字を綴ったもの。

【a】安達源右衛門
新潟県住乃井酒造の先々代社長
【f】古川董
千葉県醸造試験場(現千葉県産業技術支援研究所)初代所長、当時の木戸泉技術顧問
【s】荘司勇
木戸泉酒造先々代社長

名前も変わってますがその味わいも日本酒ばなれした新感覚!甘味と酸味が特徴的で日本酒よりは白ワイン?そんな感覚になる日本酒です。日本酒ビギナーの方にもお勧めの一本。

◉一段仕込みって?

日本酒は通常、原料の米・米麹などを3回に分けて仕込むことから三段仕込みと言われる仕込み方法が一般的です。しかし、この『afs』は原料の米・米麹を一度に全て入れて仕込む一段仕込みという方法で仕込みます。この方法で仕込むと甘味と酸味が強調されて日本酒とは思えない味わいに仕上がります。

◉裏ラベルにはこんなことが

米・米麹・水に酵母菌・乳酸菌を加え乳酸発酵を強調させた一段仕込みのお酒です。冷やして飲むとスッキリとしたキレのある酸味や甘みをお楽しみ頂けます。ロックや炭酸割りでも美味しく頂けます。無濾過のためオリ等が生じる場合がありますが人体や品質には影響ありません。生酒ですので冷蔵庫で保管して下さい。

◉日本酒も海外へ

このお酒は先々代社長の勇氏が海外で飲んだ日本酒に危機感を覚え、帰国してから商品開発に精をだし誕生しました。当時海外で珍重されていたのはどれも熟成された味わいのあるアルコールでした。日本酒も長期熟成させるにはどうしたらよいかを試行錯誤を重ねた結果たどり着いたのが、この高温山廃一段仕込みという仕込み方法でした。当時(昭和30年)ではかなり奇抜なアイデアでかなりの苦労があったと聞かされています。いまではそれが木戸泉酒造の大きな財産として受け継がれています。

◉取扱い店舗一覧リンク

原料名
米・米麹
原料米
千葉県いすみ市産 総の舞100%
精米歩合
65%
アルコール度数
13.7%
容量
500㎖

◉お召し上がり方

純米アフスの美味しい飲み方は冷蔵庫でキンキンに冷やし、おちょこなどではなくグラスに注いでお召し上がり下さい。ソーダ割りやクラッシュアイスなどに注いだりカクテル感覚でもお楽しみいただけます。